髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

ヘアカラー 髪の悩み

髪が赤くなる原因と赤くならない方法は?

投稿日:

お客様のヘアカラーの悩みに

『髪の色が抜けてくると赤くなるのが嫌』

『できるだけ赤みを抑えたい』

『寒色系が好きなのにならない』

など髪の色が気がつけば赤みのおびた髪

になるのが悩み、という人も多いのではないでしょうか?

暖色系や赤っぽい色が好きな人は問題ないですが、好みではない人は赤くなるのは嫌ですよね。

 

今回は髪が赤くなる原因と赤くならないようにする対処法についてまとめました。



 

ヘアカラーが赤くなったり、色が抜けると赤くなる原因

簡単に説明すると髪のメラニンの種類と量が原因です。

人それぞれメラニン(色素)の量は違い、それによって髪の色が決まります。

日本人は赤みのあるメラニンの量が多く、普段は色が濃すぎて(黒髪のため)赤みはわかりにくいですが、ヘアカラーで明るくなると色が淡くなるため、赤みがわかるようになります。

 

小難しい話しはおいといて簡単に言うと、髪のベースに赤色が多いから赤ぽくなると思ってください。

ベースに赤色の色素が多ければ多いほどカラーをした際や、色味が抜けた際赤茶になります。

 

赤っぽくなりがちな髪への対処法

赤っぽい色になりがちな人にはいくつか対処法があります!

完全に赤みが消えなくても弱まるだけでもかなり印象も変わるので気になる人は試してみてください。

 

髪を明るくする

髪は明るくなれば明るくなるほど、赤みを失い黄色になっていきます。

かなり明るくすればベースの赤みが濃い人でも赤みはどんどん弱くなります。

もし髪の色が自由にできるのであれば、赤みが嫌な人は明るいカラーがオススメです。

 

仕事や学校で明るいのがダメな人や明るいカラーが嫌な人にもやり方によっては対応できます。

一度明るくしてからカラーをもう一度するダブルカラーという方法です。

ダブルカラーと聞くとブリーチしてからカラーを入れるといった印象の人もいるかと思いますが、赤みを消すのであれば、ブリーチまでしなくてとライトナーなどのカラー剤の範囲でやることができます。

ベースの赤みを一度削り、その後赤みの目立たないカラーをすればかなり赤みの抑えることは可能です。

ただしこの方法はデメリットもあります。

一度明るくした髪は色落ちすると明るくなるため定期的に色をいれないと明るくなってしまうこと。

髪を明るくすればするほど髪への負担も大きくなります。

ライフスタイルに合わせて美容室で相談したのちにダブルカラーをするのが良いと思います。

 

色味を寒色系にする

暖色とは逆の寒色系の色で染めることによって赤みを目立たなくする方法もあります。

赤の反対色は緑色のためマットなどで染めると赤みが弱く見えます。

赤っぽい色が嫌といっても人によって

『赤みがおさまればいい』

『外人のようなグレーっぽい色がいい』

でも対応は変わってきます。

前者であれば先程話した明るくしなくても、この方法で満足なこともあります。

後者であれば、日本人の髪質ではほとんどの方がブリーチが必須になってきます。

 

補色や寒色系で染めても色味が抜けてしまうと赤みがでてくるので、赤みをなくしたい場合は明るいカラーもしくは明るくしたのち(明るい状態から)寒色系をで染めるのがもっとも効果があると思います。

 

色味が抜ける前に補充する

どんなヘアカラーでも色味は徐々に抜けてきます。

赤みが気になる場合色味が抜けるとやはり気になるという方も多いと思います。

かといって美容室で頻繁に染めるのはコストも時間もかかります。

そこでカラーシャンプーで色味を自分で足すことで赤みを抑制することもできます。

オススメはブルーシャンプーです。

すぐ黄色くなる髪にも色味の補充としてもオススメですが赤みがでやすい髪への赤みを抑えるのにも有効です。

使い方はシャンプーのように泡立てて少し放置して流すだけです。

さらに髪への負担もカラーよりもかなり少ないので負担をほぼかけずに色味をたせるのもオススメです。

以前このサイトでも紹介したスロウのブルーシャンプーは特に評判がいいです。

もっと詳しく説明はこちら

【アッシュが長持ち!!】スロウブルーシャンプーでヘアカラー革命!

美容室でヘアカラーをしたときは綺麗だけどしばらくするともとの茶色に戻ってしまう。。。 そんな経験ありませんか? 特にアッシュなどの寒色系カラーは特に色持ちが難しく、時間がたてば色がおちやすいのが、美容 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがですか?

赤みを抑えるには

明るく

反対の色(寒色系)

色味が抜けないよう補充

この3つを是非試してみてください(*^^*)

 




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-ヘアカラー, 髪の悩み
-, , , ,

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.