髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

ヘアケア 縮毛矯正

髪の毛がざらざらする原因は?ケアや予防を美容師が教えます!

投稿日:

髪を触るとざらざらする、ごわごわする、なんて経験ありませんか?

髪がごわごわする、ざらざらするといった質感にはいくつかの原因があります。

今回はざらつく髪の原因と 対処方法を紹介します。

これをよんでざらつく髪とサヨナラしましょう!

 

髪がざらざらする原因は?

髪の表面の凹凸がざらざらする原因

髪がざらざらやごわつく原因はなんらかの原因で、髪の表面に凹凸ができてるとなりやすいです。

まずは原因からまとめました。



ダメージによるざらつき

髪に負担がかかっていると、キューティクルが変形したり剥がれてささくれのようになったりします。

髪のダメージはみためだけでなく、手触りも悪くなり扱いにくくなります。

髪がざらついたりごわつくと、くし通りも悪くなりダメージがダメージを呼ぶ状態になります。

 

髪質によるざらつき

生れつき髪がざらついたりごわつくやすい髪質があります。

根元からざらつきがある場合は髪質によるもののことが多いです。

癖は波状毛と捻転毛もしくはその両方という状態があり、波状毛はうねりがでやすく捻転毛は髪自体が細かくねじれているため手触りがざらつくこともあります。

 

熱によるざらつき

熱によるダメージでざらついたりごわつく場合もあります。

過度な熱によるダメージは熱変性により、髪が硬化し、ざらざらやごわつく原因になります。

髪の熱変性についてはこちらの記事をご覧下さい。画像クリックで別記事にいきます。

危険!!髪が目玉焼き状態に!?ヘアアイロンの適正温度とは?

今では髪のセットに欠かせなくなったヘアアイロン。 髪のセットやアレンジにアクセントを加えてくれるヘアアイロンですが、それと同時に熱によるダメージのトラブルも増加傾向にあります。 今回は髪を守りながら、 ...

スポンサードリンク



髪がざらざらするときの対処方法は?

適切なヘアケアと、髪質が原因なら縮毛矯正が効果的

 

やはりダメージによるモノが原因であれば日頃からのヘアケアが重要です。

髪質によるものであればヘアケアを頑張ってもなかなか改善されない場合もありますので、ストレートにする施術が効果的になります。

 

ダメージによるざらつきの対処方法

ダメージによる対処方法はまずは、髪に摩擦が起きないようにアウトバストリートメントを使用することが大事です。

ざらつきやごわごわするのはキューティクルが損傷や浮き上がりが原因なこともあります。

まず摩擦を減らしキューティクルの負荷を減らしましょう‼

後は髪を乾かす際はドライヤーを根元から毛先に向かってキューティクルをねかせるように乾かすことによってごわごわやざらつきが収まることもあります。

ブローができる人は毛先軽くブローするだけでも大分違うと思います。

 

ざらざらする髪を改善したい場合は、やはり日頃からのヘアケアが大切になりますので、髪にできるだけ負担をかけない生活を心懸けてください。

ヘアケアに関してはこちらの記事からご覧下さい

なぜ髪は傷む?日常で髪が傷むワーストランキング!

髪の毛って気がつかないうちに痛んでることってよくあると思います。 美容室ではトリートメントや、極力傷まないようにカラーのリタッチのみにしていたり、家でもケアしてるのに、気が付けば髪が傷んでる。。。 な ...

自宅でできる簡単ヘアケア  髪を守る3つの法則

ファッションに欠かせないヘアスタイル。カラーをしたり、パーマをかけたり、気が付けば、髪がパサパサに。。なんて経験ありませんか? 髪は一度ダメージを受けてしまうと、なかなか健康な状態になるまで、時間がか ...

髪が治る?美容室のトリートメントって本当にいいの?

皆様は髪の調子が悪いときどうしますか? ヘアケア剤を変えてみたり、美容室でトリートメントをしてみたりカットして痛んだ部分をカットしたりなにかしらすると思います。 今回は美容室にあるサロントリートメント ...

 

髪質によるざらつきの対処方法

髪質によるざらつきやごわごわする質感はケア剤ではねじれをよくできないので、なかなか改善しないです。

縮毛矯正やストレートなどでねじれをまっすぐにする必要があります。

また髪がうねっていなくても広がりやすい場合なども捻転毛のせいのこともあります。

縮毛矯正はかければ基本半永久的にかかっているので、根元がある程度伸びるまでは毎日のヘアケアはかなり楽になると思います。

 

縮毛矯正をかけなくても、ヘアアイロンだけでもある程度おさまりますが、毎日アイロンするのであれば、手間的にも、ダメージ的にも、縮毛矯正をオススメします。

 

熱よるざらつきの対処方法

熱によるざらつきは一度変性してしまうと切る以外の方法ではなかなかよくなりません。

基本的には髪をしっかり守るのが最善のケアになります。

熱に反応するトリートメントやアウトバストリートメントでしっかりと保護し、アイロンの温度をあまり上げない(できれば150℃未満で)などして髪への熱による負担を極力へらしましょう。

 

まとめ

 

髪のざらつきはダメージや、髪質が原因です。

髪質の場合はストレートを!

ダメージにはヘアケアを!

熱にはきをつけましょう!

ざらつきがきになったら、ぜひ試してみてください!

 

 




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-ヘアケア, 縮毛矯正

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.