髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

よくある質問 トリートメント ヘアケア 美容室

男のヘアケア!やりすぎは逆効果?ヘアケアのポイントは?

投稿日:

最近男性のお客様で店で、トリートメントを希望するお客様が増えてきてます。

男性でも、カラーやパーマを繰り返すとダメージが。という声もちらほらと聞くようになりました。

 

今回は、男性のヘアケア事情についてお話ししたいと思います

スポンサーリンク




やりすぎは逆効果!?

男性と女性では、求める質感や髪質などが違います。

女性のようにケアをしてしまうと逆に扱いにくい髪になってしまうことがあります。

男性は男性のヘアケアがあると僕は思っています

 

トリートメントのつけすぎは注意

髪が痛んできたからといって量を沢山つけても髪に浸透する量は決まっているし、ただ髪が重たくなるだけで逆効果です。

ロングの男性以外はポンプ式なら1~0.5プッシュで十分です。

また、パーマやカラー、アイロンを多様してない場合は、つけなくてもいいくらいです

美容師のなかで「扱いやすいダメージ」といって、健康すぎる髪は張りがありすぎて扱いにくいため少ーしだけダメージを受けた髪が一番扱いやすいという意見もあるくらいです。

痛みが気になる場合はトリートメントは頭皮につかないように毛先中心につけてください。

あと美容室のシステムトリートメントや集中補習のトリートメントなどは、メンズの髪型には重たすぎるものが多いです。

あまりオススメはしていません。

 

 

 

シャンプーの種類に気を付けよう

男性には、しっとりや、まとまる性質の謳い文句のシャンプーは合わないと思います。

大体、市販のシャンプーは、女性をメインターゲットにしているだめ、手触りをよくしたり、パサつく毛先がまとまりやすくなるなどの成分がはいってます。

セットの時邪魔になるだけだと思います

僕は自分の頭で、売れ筋の市販のシャンプーを何種類か試しましたが、メチャクチャ扱いにくくなってセットがうまくできませんでした。

男性は質感が軽いタイプのシャンプーがオススメです。

逆にノンシリコンや育毛を推してるシャンプーは質感が軽いものが多いので、そちらのほうがオススメですね。

育毛に関しては無くなってからでは遅いので予防の意味でも、肌にあっていれば、使う価値はあると思いますよ

 

アイロン前には、オイルをつけよう

 

最近はアイロンを使用する男性も増えてきましたね。

中には癖が強かったり、しっかり癖つけたり、時間なかったりで、やや湿ったままアイロンを入れる人もいます。確かに水分があればパワーも増しますが、ダメージも大幅に増すので絶対やめてください

やけどや髪の毛がチリチリになる原因になります。

アイロンをいれる場合は、軽くヘアオイルをつけて保護して完全に乾かしてから使用してください

どんなケアをすればいい

では男性はどんなケアがいいかと言うと、ケアより予防に力をいれた方がいいです!

女性ほど伸ばさないので、ある程度カットでダメージ部分は落ちるため、パーマやカラーをしてても、予防と気になる部分だけ、トリートメントをつけるだけで十分なことが多いです。

ただし美容室などでケミカルダメージをうけてる場合、男性でも雑に扱いすぎると、著しく痛みが目立つ場合もあるので注意してください

髪はしっかり乾かそう

短いから自然乾燥という人もけっこういるみたいですが、ドライヤーを使って完全に乾かしてください。

ドライヤーを使わす自然乾燥だと、頭皮は逆に乾燥したり、濡れてる髪の毛は繊細なので痛みやすいので、髪を濡らしたらすぐに、乾かす習慣をつけてください。

髪が健康な人でも濡れたまま寝てしまうとこすれる部分だけダメージになり、部分的にぱさついたりするので気を付けてください。

スタイリング剤はしっかり落とそう

ワックス等種類によっては一度のシャンプーで落ちきらない場合があります。

残ったままだと髪にも頭皮にも悪いです。

シャンプーをして泡立ちが悪い場合は、ワックスの影響が多いので、一度泡立て、泡立ちが悪ければ流して、もう一度シャンプーしてください。

最近ではスタイリング剤を落とすためのシャンプーもあるので、いつも洗っても、髪にワックスが残ってる感じがする人は使用してみるといいと思います。

できるだけ、セルフカラーやセルフカットはしない

男性の場合、自分で染めたりなかにはカットする人もいます。

ダメージもでやすいです。

また

カラーは自分で染めてむらになると、ダメージ部分もむらになります。

むらになると、美容室でカラーやパーマが困難になるケースもありますので、やめたほうが無難です。

 

カットも美容師の使う鋏はとても切れ味がいいものです。

普通の鋏とは別物なので、それらを使って髪を切ると断面がぼこぼこになり手触りの低下やダメージになるのでやめたほうがいいです。

 

まとめ

男性は、デザインを重視するならあまりあれこれトリートメントをつけないほうが扱いやすいと思います。

きになる部分にだけ、シャンプーの後でトリートメントを毛先につけるくらいがいいと思います。

カラーやパーマ、アイロンなどをしてない人は癖毛や膨らみがちな人以外はシャンプーのみで問題ないです。

そのうえで、日常で髪を痛めないようにするといいと思います。

最近は男性の美意識も高くなってはいますが、ダメージを気にするあまり、デザインを損なってしまったら本末転倒だと思います。

日常の簡単なダメージ予防だけは意識してみてくださいね(*^^*)

 




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-よくある質問, トリートメント, ヘアケア, 美容室

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.