髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

ヘアカラー ヘアケア

カラーが長持ち!!自宅でする色持ちUPのヘアケアとは?

投稿日:

前回記事では、カラーの長持ちさせるカラーリング方法をオススメしました

今回は自宅でカラーリングを長持ちさせるヘアケアについてご紹介します

せっかくしたカラーがすぐに抜けないように是非参考にしてください

カラーリングを長持ちさせるコツとは

前回記事はこちら

長持ちカラーの秘訣!すぐに色が抜けるときの対処法とは?

いまや、定番のヘアカラー、オシャレや身だしなみにされている方沢山いらっしゃると思います。 そんなカラーリングですが、染めた時は、素敵な仕上がりですが、時間がたつと染めたてより、明るくなったり、色味が変 ...

今回は皆様がご自身で、ケアすることによって、色持ちを良くする方法をご紹介します。

せっかくのヘアカラーを長く楽しめるコツとは?

必要以上にシャンプーをしない

カラーはシャンプーする度に少しずつですが、色が抜けていきます。

近年、夜お風呂に入って朝もシャワーに入ったりとシャンプーをする回数が多い傾向にあります。

基本的に日常生活での汚れは、水洗いで、綺麗になります。

もし1日に二回シャワーもしくは、お風呂に入る場合は夜シャンプー&トリートメントをして朝は、流しとトリートメントのみにしてください。

トリートメントの種類に気をつける

カラーをしたら髪をたくさんケアしたくなりますよね

最近、ドラッグストアーなどにも、様々なトリートメントが置いてありますが、2STEPや3STEPなどの何種類かのトリートメントをつけるタイプ等には注意が必要です。

全部がそうということではありませんが、STEP式トリートメントには、たくさんの成分を髪にいれるために、アルコールなどの原料が含まれてる場合があります。それらはカラーの色落ちの原因になる場合があるので、注意が必要です。

またサロンのトリートメントシステムなども、ネットで購入できる時代ですが、使用方法や適量を間違うと色落ちや、逆に扱いにくくなるのであまりオススメできません

過度のアイロンやコテはできるだけ控える

熱によるダメージが深刻になると美容室で色をいれても、すぐに色落ちをしてしまう状態になりやすいので、気をつけたほうがよいです

日頃からアイロンを使う場合は完全に髪を乾かしてからアイロンを使用し、温度も出来る限り低めに設定し、またオイルなどで保護をして、出来る限り熱から髪を守ることが重要です 

スポサードリンク




カラー専門のシャンプーやヘアケア用品を使ってみよう

最近は多種多様の商品が販売されてます。カラー専用などの商品も数多く販売されています。

先ほどの色抜けの原因などを考慮して、作られているので、使ってみるといいと思います

特にサロン専売品などは、より効果的です

 

 

美容室のシャンプーやヘアケア用品はなにが違うの?

よく聞かれる質問なんですが、成分の違いももちろんありますが、より細かく細分化されており、使う人の髪の状態に適したものがあるのと、サロンでプロが選んで買うので、適材のものが使用できます

 

 

髪質にあったシャンプートリートメントでさらに使用感が髪の扱いが良くなる!

実際市販品に比べお値段もしますが、僕は、その価値があると思っているし、例えばパーマ用シャンプーなどを使うと、カールがでやすくなるなるし、ストレート用シャンプーなどは収まりが全然違います。

またサロンのシャンプーやトリートメントはほぼ、カラーリングを意識して、設定されてるため、色持ちも期待できます。

 

髪の扱いがどうも上手く行かないなんて方はこちらを見直すと良いかと思います

 

 

 

今現在どうしても色抜けや白髪が気になる場合

美容室に行く時間がなかったり、自分で対処する場合は、正直あまりオススメできませんが、

市販のカラーで染める

カラートリートメントで染める

ヘアマスカラで隠す

などの方法があります

市販のカラーに関していえば、ダメージを伴うし、薬の付着にムラができ色もまだらになるリスクや、髪の状態が部分的に痛んだりムラになると、最悪パーマやストレートがかけれない状態になったり、美容室でカラーをしても、ムラが残る場合もあります。

 

カラートリートメントに関してはダメージはあまり受けず手触りが良くなるものも多いですが、再度美容室でカラーをすると、変色して変な色になる場合もあります (最近はあまりないようですが、数年前はかなりトラブルがありました)

頻繁には、行わず、気になるときだけの使用して、美容室に行く1~2週間前にはつけない方が無難です。

 

ヘアマスカラは乗せるだけで洗うと落ちるので、どうしても、白髪、等を隠したい場合はいいと思います

マスカラ以外は、綺麗な仕上がりにならないリスクがあるので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

髪に関して共通していえるのが、髪をできるだけ痛ませない方が、持ちが良くなるので、できるだけケアしてくださいね(*^^*)

カラーは

カラー専売品を使う

洗いすぎない

痛ませない

トリートメントの種類を気をつける

意識してみてくださいね(*^^*)

 

最後に

髪の悩み、疑問、美容室では相談しにくいことなど、髪に関することなら気軽に相談ください(*^^*)

コメント欄もしくは、メールにてお待ちしております(*^^*)

 




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-ヘアカラー, ヘアケア
-, , , ,

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.