髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

よくある質問 カット 髪のダメージ

すきバサミって髪に悪いって本当?髪の良いすきかたとは?

投稿日:

美容室では髪を軽くするときに

『セニング(すきバサミ)を使う派』

『普通のハサミで毛量調整する派』

『どちらも使う派』

のパターンの人に分かれると思います。

お客様にたまーにいわれることがあるのが、

『すきバサミを使わないでほしい』

『すきバサミは痛む』

と通常のハサミのみを希望されるお客様がいます。

 

今回はそんなセニング(すきバサミ)についてです。



髪を軽くするのに良いのはすきバサミ?普通のハサミ?

結論から言うと

セニングでもハサミでもどちらでも大丈夫だと思いますよ。

僕は基本的にはセニングをあまり使いませんが、メンズのような短い髪には使います。

ほぼ男性にしかセニングが使いません。

それはセニングどうこういうよりも、ある程度長い髪にセニングを上手く使えないからです。

個人的に長い髪にセニングをうまく扱えないからです。

つかい方が上手な人であればなんら問題ない気がします。

 

セニング(すきバサミ)って髪が痛むの?

ハサミで毛量調整をしてもセニングを使っても、微妙ながら髪は痛みます。

セニングだからダメってことはないと思います。

どちらかというと、よく切れるハサミ、しっかりメンテナンスしているハサミのほうが痛みにくいです。

切口の断面が綺麗であるばあるほど、手ざわりもいいし髪の負荷になりやすいので、切れるハサミは重要だと思います。

 

セニングが痛んだり、バサバサする感じがするのは、もしかすると安易にハサミをいれすぎてしまってカットの断面が増えすぎてるからかもしれませんね。

セニングって簡単に量を減らせる反面、いれすぎると質感が荒れやすいことがあります。(ハサミで減らしても同様ですが、)

僕はこの点が上手くできず、ハサミで調整してます。

ハサミで軽くするのは基本は点で軽くできるけど、セニングは刃先で点で軽くすることも、刃全体で線でも軽くできるため安易にいれすぎてしまうと荒れやすいのかもしれませんね。

 

説明が言葉だけだと難しいですが、簡単にいってしまうと、美容師さんの腕次第です。

セニング、すきバサミが悪ってわけではないと思います。

 

注意ポイント

セニング(すきバサミ)だからといって良くない訳じゃない!





ハサミで切るのとすきバサミを使う違いは?

セニングとハサミを使った場合の違いはあると思います。

ただどちらが良いというわけじゃなく好みがでるかもしれませんね。

僕はセニングを使わないで切るので、新規のお客様に

『ハサミだけでしあげるんですね』

とたまーに言われます。

その後再来店されると、

『見た目はあまりかわらないけどいつもより扱いやすかった』

といわれることがあります。

要因は様々ですが、すきかたやハサミの違いもあるのではないでしょうか?

 

もしいつもすきバサミを使う美容師さんにやってもらってなにか気になるときは、ハサミのみで仕上げる美容師さんにやってもらったら調子よくなるかもしれないし、逆パターンもあると思います。

ポイント

ハサミによる仕上りの違いを感じることもあるがどちらが良いというわけではない!

 

ハサミは適材適所

扱いやすさの他にも、ハサミの特徴や希望するスタイルによって選択するハサミや場合によってはレザーと呼ばれるカミソリのようなもので髪を切る場合もあります。

すべてお客様の希望にするための道具ですので適材適所使えば特に問題もないと思います。

 

ただ、一度嫌な思いをしたことがあるものだとなかなか払拭するのも難しいと思います。

もしなにか気になることや使う道具に関してはなにか嫌な部分があるなら担当してもらう美容師さんに相談すればいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

お客様の髪を切るハサミについてでしたがどの道具も使い用だと思います。

仕上りの相性もあると思いますので参考になれば幸いです。




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-よくある質問, カット, 髪のダメージ
-, , ,

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.