髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

よくある質問 カット パーマ 髪のダメージ

パーマの繰り返しは大丈夫?何度もかけると髪へのダメージは?

投稿日:

一度パーマをかけて気に入ると何度もパーマしたるなる人もいると思います。

そこで疑問に思うのが、

『パーマでのダメージが心配?』

『繰り返しかけて大丈夫なの?』

『ぱさぱさになりそう』

など髪への負担問題

今回はパーマの繰り返しかけることについてです。



パーマの繰り返しは大丈夫?

パーマを繰り返しかけるということはダメージが蓄積しやすくなります。

しかし、髪は伸びるため、上手にパーマをタイミングかければ、繰り返しかけても問題ない程度の状態にすることもできます。

 

定期的にカットをするならある程度なら大丈夫

髪は基本的には毛先にいくにしたがってダメージの蓄積が大きくなります。

最近は薬剤や技術の進歩により、ある程度のダメージであればパーマはかけれます。

ダメージの蓄積の多い毛先をカットしてパーマをするのであれば、無理のない感じでかけれると思います。

ポイント

定期的なカットで負担がかかりがちな毛先をメンテナンスする

関連記事はこちらから

画像クリックで別記事に移行します

パーマを長持ちさせる5つの法則

パーマをかけたらせっかくだから、長い期間パーマを楽しめるといいですよね? 今回は、かけたパーマをできるだけ長持ちさせるコツを紹介します 実行すればパーマのめちがよくなるので是非参考にしてみてください! ...

続きを見る

 

パーマをかける頻度はどのくらいがベスト?

パーマはだいたい3~4ヶ月くらいの感覚でかけるとベストだと思います。

髪がメンズショートやブロースタイルのパーマとかでない限り美容室にいく度パーマはしなくていいと思います。

あまりに早いと髪への負担が心配だし、

間にカットをすることでパーマがだしやすくなるので

パーマ→カットのみ(だいたい2ヶ月前後)→パーマで問題ないと思います。

かんたん説明

カットをするとパーマがとれてしまいそうですが、カットすることにより髪を動きやすくできるので、長さをばっさり切らなければパーマをせずにパーマがだしやすくなります。

髪への負担も減るので僕はパーマをかけるお客様にはこの方法を推進してます。

美容室に3~4ヶ月以上いかない場合は毎度パーマのほうがいいかもしれませんが。

ポイント

パーマは3~4ヶ月周期が程度がベスト‼

かけすぎは髪が危険な状態になることも

 

 

髪を伸ばして極力切りたくないなら頻繁にはかけないほうが良い

もし髪を伸ばしている途中であれば、3~4ヶ月周期でも危険な場合もあります。

先程も触れましたが、髪を伸ばしているとカットをしてしまうと髪が伸びないため負担のかかっている部分も残りがちです。

なおかつ、カラーやパーマのダメージもダイレクトに蓄積しやすいため伸ばしてない人に比べるとパーマを定期的にかけるのはややリスクがあります。

せっかく伸びてもバサバサだと残念ですからね。

注意ポイント

伸ばしてる最中はダメージが蓄積しやすい
髪を伸ばしたい人必見!美容師が勧める上手な伸ばし方!

髪を伸ばしたい人やこれから伸ばす予定の人、または、毎回伸ばそうとして挫折してしまう人もいると思います。 髪は意外と伸びるまで、時間がかかり長期間に渡り我慢する期間が必要になる場合もあります。 でも、髪 ...

続きを見る

 

どんな薬、かけ方にもダメージはすくなからずある

パーマをかけると多少なりともダメージがあります。

よく広告などでダメージレスや傷まないなどみますが残念ながらそんなパーマ液はまだ存在しません。

 

ただ美容室でパーマして、トリートメントしっかりすればその場では傷んでない感じにはできます。

それ自体はいいことだと思いますが、髪本来は多少なりともダメージを受けます。

トリートメントが効いているうちはいいですが、トリートメントがとれて時間がたつとバサバサになんてことも。

パーマやカラーのやりすぎには気をつけましょう。

注意ポイント

ダメージ0はあり得ないのでやり過ぎには注意を
髪が治る?美容室のトリートメントって本当にいいの?

皆様は髪の調子が悪いときどうしますか? ヘアケア剤を変えてみたり、美容室でトリートメントをしてみたりカットして痛んだ部分をカットしたりなにかしらすると思います。 今回は美容室にあるサロントリートメント ...

続きを見る

痛まないカラー、痛まないパーマってよく広告でみるけど本当なの?

よく美容室の広告を見ていると、 【○○トリートメントでダメージレスカラー】 【○○でカラーをする度に髪がよくなる】 【オーガニックでダメージ0】 など、魅力的なキャッチフレーズが並んでいます。 &nb ...

続きを見る

 

髪に危険信号がでているときは無理にかけない

髪がからむ、毛先がバサバサ、枝毛、弾力がない。など自分でもあきらかに傷んでるときはパーマは危険です。

自分で髪の状態が悪いと感じる場合はダメージが進行しているケースが多いです。

無理矢理かけると逆に扱いにくくなったり見た目が悪くなることもあります。

ある程度カットするとパーマも可能になることもあるのでもし髪が傷んでると感じるけどパーマがしたい場合には、長さをある程度カットするデザインを参考にするといいと思います。

注意ポイント

傷んでると思ったらパーマはしばらく避けたほうがいい




パーマが微妙に残っている場合は再利用も可能

パーマが弱くなってきてもデザインとして再利用することも可能です!

パーマがとれてきたと思ったら、先程触れたようにカットをすればパーマがだしやすくなる場合もあるし、とれかけたパーマを生かすこともできます。

そのままだと扱いにくくても、適切なカットを挟むとパーマをかけ直さなくてもいい感じになることも多いと思います。

その方が髪に負担をかけなくてもすむのでパーマがとれてきたと思ったら美容師さんに相談してみるのもいいと思います。

ポイント

残ったパーマもデザインとして生かせばダメージレス

 

カラーとの併用であればカラーは極力リタッチがオススメ

カラーとの併用される人は全体カラーはできるだけしないようにするほうがいいと思います。

パーマの負担とカラーの負担両方があると髪は休まる暇がありません。

髪の状態はトリートメントで補充はできても、本当に治ることはありません。

ダメージが進行すると色もちが悪くなったり最悪パーマがかからなくなることも

リタッチであれば、健康な部分を染めるだけなのでかなり髪には優しいです。

注意ポイント

カラーとパーマの併用は髪に負担をかけすぎないように気をつけて





ヘアケアは忘れずに

毎日のヘアケアは欠かさずに‼

しっかりケアしているお客様はやはり髪が綺麗です。

ダメージを受けるのはすぐですが本当の健康な髪にするには時間がかなりかかります。それこそ年単位の場合もあります。

 

パーマヘアーの人に鉄板オススメの商品をいくつかご紹介します。

画像クリックでアマゾンの商品、購入ページに移行します

大きいサイズはさらにお得‼

もう発売から10年くらいでしょうか。

本当に良いものなので長らく愛用している人も多いと思います。

パーマが出しやすくかつ適度なしっとり感は最高です!

 

 

ぶっちゃけパーマ用でもなんでもないですが、個人的に相性抜群。

元々アンチエイジング(薄毛や白髪等)系シャンプーとして爆発的人気がでた商品ですが、髪のボリュームがだしやすくなるのと軽い質感が相性抜群!

頭皮にも栄誉を与えてくれるので一石二鳥です。

髪がごわごわしたり、ボリュームがですぎる人にはやや物足りないかもしれませんが、エアリーな質感、ボリュームが欲しい人にオススメです!

 

乾かす前につけるとかなりしっとりします!乾かしてからスタイリング剤代りにも!

パーマヘアーにはオイルよりもこういったクリームタイプが相性がいいと思います。

これは重すぎないのでパーマの邪魔をしないので重宝してます。

あと香りがめちゃめちゃいい

お客様が

『女子力高そうな匂い』

といって確かにと思いましたw

 

 

まとめ

いかがでしたか?

パーマは大体3~4ヶ月周期がオススメです。

また髪の状態で無理は禁物です。

治るのにはすごく時間がかかります。

後はパーマとの間にカットするとより長持かつ髪にもパーマ頻度が下がると負担がすくないです。

是非参考にしてみてください!




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-よくある質問, カット, パーマ, 髪のダメージ

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.