髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

パーマ 髪の悩み

【パーマが復活!?】美容師推奨!とれかけたパーマを復活させる3つの方法とは?

投稿日:

パーマをかけているとしばらくしたら、

『弱くなってきた』

『とれてきた』

『濡れてるときはでるけど乾かしたらでない』

などと感じたことありませんか?

 

実際髪は形状記憶的な要素があるためもとの形に戻ろうとするので弱くなるのは事実です。

しかし、パーマがおちてきたと感じたらあることをしたらパーマが復活することもあります!

今回はパーマが復活する方法についてです!

スポンサーリンク




パーマがとれたかなと思ったらまずカット!?!?

『カットしたらパーマがなくなるんじゃないか?』

と思うかもしれませんが、長さをあまり切らない場合はパーマがでやすくなります‼

 

パーマがでにくくなる原因は、

髪が動きにくくなる

髪が重くなる

パーマが弱くなる

ですが、パーマが多少弱くなるのは仕方ありませんが、

カットをすることによって

髪を動きやすくできる

髪が軽くなる

ので結果髪が動きやすくなりパーマがでやすくなります‼

パーマをかけたとこをほとんど切るなど長さを大幅にきる場合は難しいです。

実際僕はパーマをかけるお客様には次回2ヶ月くらいしたらカットを推奨しています。

パーマをかける幅にもよりますが、ほとんどのお客様はパーマがだしやすくなり復活したと感じるといわれます。

あまりパーマがおちすぎてると無理ですが、しっかりかかっていれば2ヶ月くらいならカットでなんとかなる場合がほとんどです。

長さをきる場合でも、残ったパーマを活かしてスタイルをつくるのも可能なので、パーマの残りを活かすことも場合によっては可能です。

パーマが復活する方法①

 

ポイント

パーマがでにくくなったら、カットをするとパーマがだしやすくなる‼

パーマ後、2ヶ月前後にカットがオススメ‼

パーマが復活(だしやすくなる)します‼

 

 

いつもよりもしっかり乾かす

髪は暖められると形を変化でき、冷やされると固定されます。

アイロンやブローなどはこの原理で形がつきます。

 

パーマが弱くなってきたと感じたら、パーマをしっかりだすドライが必要になります。

パーマをかけたてのときは、なんとなく乾かしてもパーマがいい感じにかかっていればそれなりの仕上りになりますが、弱くなると、そうはいきません。

カールをしっかりだすコツは

髪を持ち上げて乾かす‼

1~2回ねじって乾かす‼

乾かす前に綺麗にとかしてドライの最中てぐしをあまり入れない‼

この3つがポイントです!

別の記事でパーマの乾かし方や長もちさせるコツをまとめているのでこちらも是非合わせてお読みください!

画像クリックで別記事に移行します

簡単にできる!!パーマの乾かし方と5つのポイント

パーマをかけて美容室でセットしてもらったのに、翌日自分でセットするとうまくパーマがだせない。。 って経験ありませんか? パーマにはパーマの乾かし方があります! パーマの種類や、かけ方で、ある程度乾かす ...

パーマを長持ちさせる5つの法則

パーマをかけたらせっかくだから、長い期間パーマを楽しめるといいですよね? 今回は、かけたパーマをできるだけ長持ちさせるコツを紹介します 実行すればパーマのめちがよくなるので是非参考にしてみてください! ...

パーマを復活させるコツ②

ポイント

パーマがでにくくなったらドライに時間をかける‼

ヘアケア剤やスタイリング剤をパーマヘアー用に変えてみる

意外とスタイリング剤やシャンプーやトリートメントなどを変えるとパーマのだしやすさが変わります。

ヘアケア剤やスタイリング剤など、パーマを久しぶりにかけたり初めてかけると、なかなか買い換えるタイミングが合わないとそのままいつものを使用する人も多いと思います。

実際パーマ用っていってもそんな変わらないんじゃ?って思うかもしれませんが、

けっこう違いますよ‼

僕も昔、変えてみてビックリしました!

やっぱり専用のものは扱いやすさが違います。

もし買い換えるタイミングで、パーマもまだ楽しみたいなら専用のものを使用すると扱いやすく、カールもでやすくなってパーマが復活するかもしれませんよ!

パーマを復活させるコツ③

ポイント

パーマ専用のヘアケア、スタイリング剤は一味違う‼

 

まとめ

パーマはかけたてだとうまくかかってるとパーマはでやすいですが、弱くなってきたり時間がたつとパーマがでにくくなります。

そんなとき3つの方法ざ効果的です。

僕はお客様の予約がパーマでもかけないこともあります。

カットでお客様がパーマがでるのでやっぱりカットだけで!っといわれることがあるからです。

パーマは素敵な技術ですが、ダメージも伴います。パーマを楽しみつつ負担をへらせるにこしたことはないので、パーマヘビーユーザーにも、パーマ→カット→パーマのお客様ほとんどです。

初めてやたまにパーマの人はでパーマを長く楽しみたい人は是非3つの方法試してみてください(*^^*)




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-パーマ, 髪の悩み
-, ,

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.