髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

よくある質問 ヘアカラー 髪の悩み

【後から大変】黒染めこそ美容室で!失敗とリスクが!

更新日:

学校や仕事などで髪を黒くしないといけない!

こんな時はどうしますか?

美容室で黒染めするか自分で黒染めもしくは黒スプレーなどでごまかすなど方法があります。

黒染めは基本的におしゃれというより、黒くしたくないけど、しょうがなく黒くするケースがよくあります。

そこでよくあるのが、黒くするだけなら自分で染めるです。

おしゃれに染めるなら美容室でお金を払って染めたい!

黒くするのに美容室だとお金がもったいない!

等を理由に通常のカラーより、自分でカラーをしてしまうケースがよくあります。

しかし自分で黒染めは、次回以降のカラーにかなりの悪影響になったり、最悪、ブリーチなどのハイパワーの薬を使っても希望の明るさや色にならない場合もあります。

今回は自分で黒染めの危険性と、美容室の黒染めのメリットを紹介します。

 

 

自分で黒染めはなぜ危険??

 

自分で黒染めをするのは美容師的には絶対にオススメできません。

この先数年カラーをしないのであれば、ダメージや染まりにムラが多少でてもいいなら染めてもいいと思います。

しかし、またカラーをしたい、もしくはしたくなるかもしれないや髪を痛めたくないなら自分でやらないほうが絶対いいです!

 

黒染めは深く入りすぎると、金髪にする薬でも少ししか明るくならない場合もある!

 

まずは最初の理由ですが、黒染めはかなり濃い染料のため一度はいるとなかなか抜けてくれません。

かなり深く入りすぎると金髪にする薬【ブリーチ】を使ってもなかなか明るくならないこともあります。

市販の黒染めは誰が染めても黒くなるようにかなり黒い染料を使ってる薬もあります。

また落ちやすい黒染めという種類もありますが、逆に黒く染まらなかったり、普通に真っ暗になるケースもあります。

髪質や髪のダメージ度合いによって黒のはいり度合いも違います。

それらを考慮して適度な黒染めをするのが自分では至難の技です。

もし、黒染めを自分でして、その後美容室で通常のカラーをする場合、黒く入りすぎてたりすると、

希望の色にならない

あまり明るくならない

薬を強い薬を使わざるおえない場合はそれに伴いダメージも増加する

もしブリーチや、明るいカラー剤を使いカラーの行程が増えると追加料金が、発生する場合逆も。逆にお金がトータル高くつくことも。

などのリスクがあります。

黒染めはしばらく髪に残ります‼次のデザインに悪影響がでやすいです。

 

次回美容室で染めても、その前に自分で黒染めしてるとムラになることも

 

自分で黒染めすると、深く黒くなってたり、黒くはなってるけど、そこまで、深くは入っていない部分、元々黒髪に黒染めがはいっている部分など、黒く一色に見えててもムラになっている可能性があります。

この状態になってしまうと、美容師も目に見えないムラは判断が難しくなります。

 

自分でカラーや黒染めをした際は、基本的には希望通りにならないことがほとんどで美容室側もお直しや仕上がりについてもノークレームでお願いするケースや、料金が高くなることもあります。

自分で黒染めすると次に美容室にいってもうまくいかないケースもある‼

 

黒を無理矢理明るくしたら、赤くなったり緑になることも

 

黒染めの黒は厳密には黒色ではなく、青い染料や赤い染料などを限りなく濃くしたイメージです。

それらをバランスよく配合して、黒くするのです。

自分で黒染めされたお客様の髪を黒染めから明るくすると、希にかなり赤い感じや緑がかった色になるケースがあります。

これは予想ですが、赤い染料が多く含まれた黒染めがブリーチやライトナー、脱染剤などを使うことにより、赤い染料が残ってこのような状態になるのではと思います。

正直、なぜ赤くなったり緑になったりするかは、ハッキリと原因が特定できませんが、実際美容室で働いてると自分で黒染めされたお客様におおくみられる現象です。

逆に美容室で黒染め後、通常のカラーに移項した場合はそのように感じたことはありません。

さらにしばらくは赤い感じは抜けずに続くので嫌がるお客様が多いです。

黒染めの染料が残った状態はあまりいい色に感じないことがほとんどです。


スポンサーリンク




美容室での黒染めのメリットは?

 

では美容室で染めるメリットとはなんでしょうか?

 

黒染めでも黒色の種類が数種類ある

美容室では黒染めでも種類があります。

僕のサロンでは5段階の黒があり地毛の黒にあわせたり、黒でいたい期間を計算し明るめの黒や暗めの黒など調整できます。

そうすることによって、次回明るくするときにできるだけ黒染めが邪魔しないようにできます。

ポイント

黒は黒でもたくさん種類がある

 

状況にあわせての施術

例えば1週間くらい黒くみえればいい

半年は黒がいい

など、お客様の希望にそってコントロールできます。

通常のカラーにはあまりないあえてもちがよいと困るパターンや簡単に茶色になってしまうと困るなど、状況に合わせて調整できます。

ポイント

色落ちなどもコントロールするので、ライフスタイルに合わせやすい

 

ムラにならない

 

美容室で染めれば黒がムラにならないので次回カラーは変なまだらにはなることはありません。

また塗布量や、塗らなくていい地毛部分、ダメージ部分にはいりすぎないようなトリートメント処理などをするため、安心です

ポイント

綺麗にそめれるのはやはり美容室です‼

まとめ

 

いかがでしたか?

黒染めは一見簡単に思えますか、

次回ムラになるリスク

明るくならないリスク

ダメージのリスク

変色するリスク

がありますので美容室で黒染めすることをオススメします!

 

 

 

黒染めで気になることがあれば気軽に聞いてくださいね(^^)




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-よくある質問, ヘアカラー, 髪の悩み

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.