髪の声

現役美容師がヘアケアや、髪の悩み、美容室での悩みを解決するサイトです

よくある質問 トリートメント ヘアケア

どう違うの?リンスとコンディショナとトリートメント

投稿日:

よく美容室で質問される、リンスやトリートメントの違い。

自分の髪になにを使えばいいのか?どれがどんな効果があるのかハッキリとわからないと質問されることがよくあります。

今回は3つの違いとその効果について紹介していきます

トリートメント、コンディショナー、リンスはなにが違うの?

違いは簡単に言うと、内部への浸透率や、髪のコンディショニング成分や油の量の違いです。

リンス<コンディショナー<トリートメントの順で配合量が増えてきます。

薬事法(ヘアケア用品などの法律)でははっきり分類されておらず、メーカが独自に決めているため、髪への修復作用順

と考えてもらって問題ないと思います。

スポンサーリンク




リンスの働き

リンスは主に表面上に作用するといわれます。

基本的なダメージがない人が絡まりや静電気ダメージ予防に使うと良いと思います。

カラーやパーマなど、美容室でケミカルダメージを受けている場合にはもの足りないかもしれませんね。

 

コンディショナーの働き

リンス+コンディショニング成分を配合されたものです。

リンスとトリートメントの中間で、表面上を整え内部には少し働きかけるといった感じですね。

 

トリートメントの働き

トリートメントは内部的に疑似成分を補充しつつ、表面をコートしてくれる働きがあります。

リンスやコンディショナーの性質を持ちつつ、さらに補修もしてくれます。

美容室でパーマやカラーなどのケミカルダメージがある場合はトリートメントの使用をオススメします。

 

つける順番は?

よくお客様にもトリートメント等を購入頂いたときに、

「このトリートメントをつけてから普段家で使ってるのをつければいいの?」

「家で、使ってるのとどっちを先につけるの?」

など質問を受けます。

答えはトリートメントのみで大丈夫です!

今のトリートメントにはリンスの役割もはたしてくれるので、特に二度付けする必要もありません!

髪のダメージ部分が-のイオンで、トリートメントが+のイオン付着するのですが、トリートメントの+イオンにリンスの+イオンは付着しにくいので、あまり効果がないようにも思えます。

 

コスパ的にトリートメントを節約したいという場合であれば、ダメージを感じる部分にトリートメントをつけてから、全体にリンスやコンディショナーをつけると良いと思います。

ただし、トリートメントとリンスもしくは、全部つけたからといって髪に良い訳ではないので、基本的にはトリートメントのみを使用をオススメしてます!

 

まとめ

最近はあまりリンスやコンディショナーという表現よりトリートメントのほうが響きがいいので、リンス、コンディショナーはあまりみかけなくなりつつあると思います。

ヘアケア用品を買う際は同じメーカであれば、リンス<コンディショナー<トリートメントと思っていただいて大丈夫だと思います!

基本的にはトリートメントなら併用しないでも大丈夫ですよ!

髪に負担が多い現代はトリートメントをオススメします!

後は髪の状態に合わせて使い分けて下さいね(*^^*)

 

 

 

最後に髪の悩みがあれば気軽に相談してくださいね(*^^*)

 




  • この記事を書いた人

masa

現役美容師のまさです。 皆様に髪に関する良い情報を伝えたいと思いますので、よろしくお願いします!

-よくある質問, トリートメント, ヘアケア
-, , ,

Copyright© 髪の声 , 2018 All Rights Reserved.